Loading...

【足の医療、日本は100年遅れてます】

6年ほど前、ドイツのメディカルフットケアの研修時に

整形外科の先生が 「日本人の足や靴に対する意識は欧米に比べて60年遅れている」と云われました。

それまで私も、スニーカーでウォーキングすれば足に良い、足脚鍛えられるでしょ?!と、

靴の間違った履き方・選び方が、足の崩れから体全体に悪影響を及ぼす事や

足と靴が密接に関係している事など全く知りませんでした。

 

今まで履いていた靴がきつく、痛く感じるようになり、足の変形が進んでいきました。

それが解らず 崩れた足に合わせて1、2サイズ大きめの靴を選んだり、2E~3Eとゆったり幅広靴に

変えて行くという大きな間違いを犯していました。

どうしてよいか分からない足を抱えて痛くならない靴を探し、

靴店を渡り歩きましたが問題は解決せず。

さらにタコや外反母趾、浮腫みなど足のトラブルは酷くなり…と、今ここに辿り着くまでに

いろいろと痛い思いをしました。早く知っていれば…と悔やんだけれど

あの当時の自分は 沢山の情報から何が正しくて、どれを選択すれば良いのか判断が出来なく

結果 あちこち渡り歩く 靴難民・靴ジプシーになっていました。

 

足は体の大事な土台です。

体の土台は自分の足に合う靴とインソールで作れます。

土台を整えること、それが足の健康寿命を延ばす近道でもあります。

★カウンセリング(足計測・歩行チェックあり)をお受付しています。★

お気軽にご相談ください。♪

足指が痛くなる!合う靴がない! 冷え・浮腫みで辛い!

将来のため、足脚を鍛えたい!…他 足のいろいろなお悩みがあったら

まずは、自分の足サイズ、足の状態、弱点を知ってください。

 

【足の医療、日本は100年遅れてます】記事はこちら↓↓

https://medical.jiji.com/topics/834?page=1